2020年11月22日

いい夫婦の日 スカーレット&ハーブ編

怪盗グルーシリーズやミニオンズには夫婦が何組も登場します。「いい夫婦の日」ということで夫婦についてつれづれと。

一押しの夫婦はやっぱり「ミニオンズ」に登場したスカーレット&ハーブです。次はネルソンファミリーのウォルター&マージです。
ちなみに、グルー&ルーシーは「怪盗グルーのミニオン大脱走」でのグルーの優しさの上に図々しく座り込んで言いたい放題やりたい放題していたルーシーのわがまま嫁ぶりがあまりに酷すぎたのでスルーします(苦)。


そんなわけで今回はスカーレット&ハーブについてつれづれと。二人についてのクローズアップされた動画が「ミニオンズ特別映像」と「『ミニオンズ』フューチャレット映像"Scarlet Overkill"」がありました。これらは「ミニオンズ」上映時に公開されていました。


「ミニオンズ特別映像」は冒頭にハーブがクローズアップされた映像(ハーブ登場シーン)が入り、その後は恒例の「ミニオンズ」予告編になっていました。ちなみに後半ではスチュアートがエリザベス女王に返り討ちにされてボコられるシーンもあるなど、まさに特別な映像です。


何度見てもスカーレットのハーブへのゾッコンぶりが伝わってきて微笑ましいです。



「『ミニオンズ』フューチャレット映像"Scarlet Overkill"」は中の人(スカーレットの声を演じた俳優さんサンドラ・ブロック氏)によるコメントつきです。


「スカーレットも彼が大好きなの」というコメントからも、スカーレットがハーブ大好きで、ハーブもスカーレットを溺愛していて相思相愛なのが改めて実感しました。スカーレットとハーブのやりとりを見たスチュアートがからかうような仕草(背中をかく仕草)をしたり、ボブがティムの目を隠している場面も面白いです。


スカーレットとハーブのシーンで特にお気に入りの場面は

(1)帰ってきたスカーレットとハーブのいちゃつき
 相思相愛ぶりは見ててにんまりします。

(2)王宮に乗り込んできたスカーレットが「ハーブの発明を利用して王になるなんて!」とケビンたちに叫ぶ場面
 自分を裏切っただけでなく、ハーブを利用されたことにも激怒していたところに、スカーレットのハーブ愛を感じました。

(3)シャンデリアの下敷きになったスカーレットを見て、ハーブが「スカーレット無事か?」と心配して助けようとして、スカーレットが復活したときは「スカーレット、よかった!」と安堵していた場面
 ハーブもスカーレットをとても大事に思って愛しているのが伝わってきました。

(4)ケビンが爆弾を呑み込んだ後、逃げようとしたスカーレットがちゃんとハーブを拾いあげて一緒に逃げようとする場面
 さりげないシーンですが、スカーレットがハーブを大事にしていることが伝わってきます。


結局エンディングで、スカーレット&ハーブはグルーに氷漬けにされてしまい、あの後逮捕されたと思われますが、脱獄してどこかで悪党夫婦として再起もしくは悪党から足を洗って夫婦二人で事業をしているとかして、元気に生きていてほしいです。
一時期、「ミニオンズ」の続編はグルー&ミニオン対スカーレット&ハーブを見たいなあと思った時期もありましたが、ボブから小さな王冠を渡されてスカーレットが潤む場面とボブが「バイバイ」とお別れを言う場面で、スカーレットに関しては綺麗にまとまって終わっていたので、無理に出さなくていい…というのが現在の管理人の意見です。

スカーレットはボブからティムを取り上げたり、人によっては賛否両論分かれる悪役ですが、好きな人(ハーブ)には純情一途という可愛い面を持つスカーレットはやっぱり可愛いし、好きだったりします。ハーブもスカーレットの悪行を自分の発明で支援して支えているところとか、やっぱり好きで憎めなかったり…。









タグ:ミニオンズ
posted by あおやぎういろう at 06:31| ミニオン語り