2020年02月25日

『ミニオンズ フィーバー』第一弾予告 感想



ついに日本語字幕がついた『ミニオンズ フィーバー』第一弾予告についての感想をつれづれと。

最初のシーン、ボブがケビンとスチュアートの間にうりうりと割り込んで、うるうるおめめでお願いするのが可愛すぎます。小柄なボブがリュックを背負っているところがまた可愛いです。グルーと一緒に行くんだと、いろんな荷物を詰めているんでしょう。もしかして、テディベアのティムもリュックの中にいるんでしょうか。

ボブにつられて、ケビンとスチュアートもうるうるおめめになるのがまた…。グルーさんはこの表情にやられて3人をお供につれていくのでしょうか。

そして「ビシャス・シックス」から逃げきったシーン(50秒あたり)で、一番前で両手をあげて喜んでいるボブがまた可愛いです。

それにしても、冒頭のボブのうるうるおねだりはすごいものがあります。「ミニオンズ」でボス探しの旅に立候補したときは、元気よく手をあげたり、氷の塊を持ち上げたりと、元気なお願いの仕方でした。今回は両手を合わせてうるうるおめめでお願い…。これを無意識にやっているとしたら、かなりデンジャラスな子ですね(違)。


最後に思ったこと。ティムは今回はお部屋でお留守番なのでしょうか。ボブといえばティムなのですが、予告編を見るとティムはいなくて、代わりにカイルやネズミがそばにいるのが見えました。ティムグッズの売り上げのためにも(違)、ティムにもぜひ出演してほしいものです。


posted by あおやぎういろう at 22:34| ミニオンズ感想