2019年01月13日

「ミニオンのミニミニ脱走」感想 ※ネタバレ





「ミニオンのミニミニ脱走」の感想です。

ストーリーは映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」で、ミニオンが刑務所にいる間の短編でまさにミニエピソード。外で作業していた囚人の脱走に巻き込まれて(鎖でその囚人と繋がれていたため)、ミニオン二人が一緒に脱走する…という内容でした。

予告編では囚人と仲良く逃走を楽しんでいたようですが、ミニオンが線路のレールにつまずいて引っかかってしまったとき、囚人はミニオンたちと自分を繋いでいる鎖を断ち切るためにミニオンたちを助けず見捨てたことから、運命の相手(ボス)ではなかったようですね…。

その後、空に飛んで逃げることでうまいこと追跡から逃れて、「やったぜ!」とハイタッチしたはいいものの、落ちた先は刑務所というなんともいえないオチ。まさに【ミニミニ脱走】でした。


見た感想は【ミニオンは可愛い!】で、序盤から終盤まで終始可愛かったです。ミニオンメインの映画をもっと見たくなりました。
個人的にミニオンたちはやっぱりグルーの家でわいわい楽しくやっている様子や生活ぶりが見たいので、次にまた短編映画がくるなら、ミニ・ムービー「みんなで模様がえ」や「アグネスの自転車」みたいに三姉妹とミニオンが活躍する話をぜひお願いします。

ちなみにユニバーサル作品の最初のイルミネーションロゴのシーンで、ミニオンが出てくるのはもう定番になっていますが、このシーンだけをまとめたDVDやBlu-rayを発売してくれないものでしょうか。



最後の画像はTOHOシネマズ新宿にいたボブのくじ「ボブっくじ」のポスター。こんなくじもあるんですね〜。
グリンチ関連


posted by あおやぎういろう at 14:10| ミニオンズ感想