2018年11月02日

「ミニオンズ ドラキュラのさいごのたん生日」感想 ※ネタバレ



2018年10月5日発売の「ミニオンズ ドラキュラのさいごのたん生日」の感想をつれづれと。


内容は映画「ミニオンズ」のオープニングからナポレオンと出会う前の時間軸の話でした。

歴代のボスたちも登場。出てくるボスはティラノサウルス、エジプトの王様、ドラキュラ、ナポレオン。メインとなるボスは題名のとおりドラキュラです。

ボスを探し続けるミニオンたちがドラキュラの城へたどりつき、ドラキュラと出会ってボスになってもらう。ミニオンたちはドラキュラのために城を掃除したり、ドラキュラのために尽くし、ドラキュラもまたミニオンたちを頼りにするようになり友達だと思うようになった。そんな中、ドラキュラの誕生日が明日と知ってミニオンたちはドラキュラのためにパーティーを開いてあげたいと思い準備するのだが…といった話でした。

オチは映画「ミニオンズ」のとおりでしたが、ドラキュラが死んでも持ち前のノーテンキさであっさり気持ちを切り替えて次のボス探しに旅立つミニオンたちがなんとも言えませんでした…(^^;)。ドラキュラとミニオンが仲良くしている様子がしっかり描かれていただけに、あっさりしすぎだと思いました。ドラキュラがいい人で、ドラキュラのためにがんばるミニオンたちも健気なだけに…。でもそこがミニオンならではの思考なのかなあと。ただグルーさんに関してはどのボスよりも長く寄り添ってきただけに、グルーさんがもしお亡くなりになったとしても、あっさり気持ちを切り替えるってことはないと願いたいです、ハイ。


ちなみに名前が出てくるミニオンもいます。
名前が出てきたミニオンは
・カール
・マイク
・ケビン
・デイブ
・ポール
・チャック
・ノーバート
・スチュアート
ケビンは誕生パーティー準備のためにみんながやるべきことのリストを作って、分担を割り振るなど、ここでもリーダーぶりを発揮していました。


ミニオンたちがドラキュラの誕生日プレゼントに、ドラキュラと自分たちの絵を心を込めて書いたりするなど、ミニオンたちとドラキュラが仲良しだったのもうかがえました。
でもミニオンたちがボスを助けようとすればするほどうまくいかない…。なんとも切ない設定ですね。その点、グルーは歴代のボスの中で長続きしているボスなので、まさに運命の相手(運命のボス)だったんでしょうね〜。
映画「ミニオンズ」のスタッフロールのムービーで、グルーはミニオンのせいで色々大変な目にあってはいますが、それでもぴんぴんしてるあたり、グルーは頑丈で悪運も強いとみました。


映画「ミニオンズ」好きなら買ってみても損はしない可愛い絵本だと思いました。





posted by あおやぎういろう at 13:54| ミニオンズ感想