2018年09月22日

怪盗グルーの月泥棒 (イルミネーション・コレクション) 感想



怪盗グルーの月泥棒(永岡書店の商品ページ)


絵本「怪盗グルーの月泥棒 (イルミネーション・コレクション)」の感想をつれづれと。

正方形型の小さな絵本で、子供絵本の棚には置いてなくて、回転棚(くるくる回るやつ)の絵本置き場に置かれていました。

思ったこと。この絵本、各ページが厚くて固いです。普通の絵本と違い、力を入れてめくらないといけないほど、ページがめちゃくちゃ固いです。

管理人、神経質なオタクなので、あまり力を入れてページをめくるということはしたくないのですが、絵本に負担にならないように気をつけてめくって読んでいました(^^;)。

元々小さなサイズの絵本で、載っている映画の各シーンも小さいのですが、じっくり見ると、映画の作りの細かさが改めてわかって感動します。おすすめはグルーさんがお金がなくなった…とミニオンたちを集めて話すシーンの写真。ミニオンたちはそれぞれ細かい表情や仕草をしているのですね〜。奥に見えるミニオンのゲーム機らしきものとか背景の小物も細かくてまた感動…。

絵本のストーリーも、映画のストーリーを子供向けにわかりやすく再現していて、いい感じでした。




posted by あおやぎういろう at 21:12| 怪盗グルー感想