2018年01月26日

怪盗グルーのミニオン大脱走 ミニオンだいずかん ※ネタバレあり


1月24日発売の「怪盗グルーのミニオン大脱走 ミニオンだいずかん」買われましたか?管理人は本屋さんで買おうと行ったところ、入荷数が少ないのか2軒ともありませんでした。仕方なしにAmazonで買おうと思ったら一時的に在庫がない状態…。
ヨドバシドットコムにはあったのでヨドバシドットコムの通販で買いました。でもヨドバシドットコムの商品ページには【一人一冊だけ】という注意書きが…。

ちなみにこの絵本は正方形の形をした分厚い絵本で、子供向け絵本売り場(多分ディ〇ニー関連の近く)に置いてあると思われます。



そして気になる内容ですが、「怪盗グルーのミニオン大脱走」のストーリーを要約・編集して絵本にまとめた感じでした。


目次(内容)は以下のとおりです。

・あらすじ「バルタザールをつかまえろ」
・グルー、クビになる
・これからどうする?
・さよならグルー
・グルーにふたごのきょうだいが!?
・ドルーがまつフリ−ドニアへ
・パパもわるものだった!
・チーズまつりとユニコーン
・やっぱりあくとうになりたい!
・ミニオンたちはおおさわぎ
・グルーにあいたい!
・ダイヤをとりもどせ!

・グルーのかぞく
・ミニオンずかん
・わるものずかん

・むかしむかしのミニオンたち

・かっこいいぶきカタログ
・アグネスのおきにいり


絵本のストーリーはグルーとドルーがダイヤを取り戻したところで終わっていて、ルーシーがフリードニアで起こした迷惑行為(ルーシーが嫌がるマーゴをけしかけてニコの心を傷つけたり、勘違いで酒場を荒らして暴力をふるいまくった件)や、ブラットのハリウッド襲撃、ドルーがミニオンを連れて出ていくエンディングにはまったくふれられてなく、なかったことにされています。
ブラットのエピソードはともかく、ルーシーのエピソードはキャラのイメージダウンにつながった蛇足エピソード、ドルーがミニオンを連れて出ていくエンディングはグルー&ミニオンファンの反感と怒りと悲しみを買った場面なので、むしろなくてかまわないと思いますが…(むしろカットした担当者グッジョブです)。


話の順番からして、アグネスのユニコーン探しは、グルー&ドルーが車を乗り回している間に終わっていた感じです。


メルたちに関しては、捕まった後自分たちのボスはグルーしかいないと気づいて、グルーの家に戻るために刑務所から抜け出すことにした…ということまでしか書かれておらず、その次のページはグルーとドルーがダイヤを無事取り戻しました…でストーリーが終わっているので、その後メルたちはグルーのところに帰ったことを各自脳内補完してねってことなんでしょうか。


子供向けというのもあるのでしょうが、あのエンディングやルーシーのモンスターぶりがショックだったファンとしては、とてもいい感じにまとまっていると思いました。あのエンディングに関わる写真が一切使われてないのもポイント高いです(苦笑)。


ミニオンたちのステージの章(ミニオンたちはおおさわぎ)でフレンチカンカンの写真を大きく掲載しているところに(しかもパンツ丸出しシーンも!)、担当者はミニオンファンのつぼを心得てるとみました。


ストーリーが終わった後のページにはキャラ紹介みたいな図鑑が載っていますが、子供向け絵本ということもあってシンプルにまとめてあります。でもこのシンプルさがわかりやすくていいと思いました。


「むかしむかしのミニオンたち」ではミニオンたちの歴代のボスについても書かれています。ちなみに「ミニオンズ」劇中では登場しなかった海賊はドラキュラの後(ナポレオンの前)のボスとして紹介されていました。


「アグネスのおきにいり」ではアグネスの大好きなもの(人や動物)について書かれていますが、ここに載っているジェリー&デイブコンビの写真は管理人は初めて見ました。スーツケースを引っ張っているジェリー&スーツケースの上に座って鳥を指にとまらせているデイブ…の写真なのですが、とても可愛いのでこの写真のグッズはないのでしょうか。正直「怪盗グルーのミニオン大脱走」関連はグッズが多くて追いかけきれてないので、グッズ関連はあまり把握してなかったりします。


「ミニオンずかん」に載っている、メルがアイラブグルーの帽子をかぶってカメラ目線な顔を向けている写真も管理人は初めて見たので感激でした。その写真に添えられているメルの説明文【「グルーだいすき♡」ぼうしがメルのおきにいり。】も…。
ずかんではミニオンたちの見分け方もとてもシンプルに説明されていて、参考になると思いました。



この絵本、内容を読む限り、ユニバーサル公式の監修は多かれ少なかれあったのではないかと推測。【●●監修】とあっても実際は記載だけでノータッチ…というのもあるのですけど、映画のストーリーやミニオン解説についてうまいぐあいにシンプルにまとめてあったので。小学館の商品ページにも「監/ユニバーサル」の記載がありましたし。


ダイヤを奪い返したところで終了して、グルーが悪党稼業にわくわくしてる様子を書いていたことから、

・ユニバーサル公式は「怪盗グルーのミニオン大脱走」の結末をなかったことにしたい?
・「怪盗グルー」の新作が出たら、グルーに怪盗復帰させるとか考えてる?

…とか色々考えてしまいました。むしろそれはすごく歓迎です!!


長々と書きましたが、けっこういい感じにストーリーもまとめられて安心して読めました。子供向け絵本ですが、ミニオン関連資料ということで大きいミニオンファンにもおすすめです。



posted by あおやぎういろう at 23:43| 怪盗グルー&ミニオングッズ